お問合せ プライバシーポリシー TELL:082-208-0730

ビザ帰化申請サポートオフィス

お役立ち情報

特定技能運用要領の更新 ビザ帰化申請サポートオフィス通信 投稿日:2019年10月3日

ビザ帰化申請サポートオフィスの西川です。

特定技能の運用要領のが9月27日付で更新されました。

詳しくは、こちらからご確認ください。

随所に変更がかかっておりますが、

評価調書についての更新が大きな変更かと思われます。




変更後はこちら ↓

『当該外国人が過去に実習を行っていた実習実施者から評価調書の提出を受けることができないなど,

技能実習2号を良好に修了したことの証明ができない場合には,

評価調書提出することができないことの経緯を説明する理由書のほか,

評価調書に代わる文書として,

例えば,当時の技能実習指導員等の当該外国人の実習状況を知り得る立場にある者が作成した

技能実習の実施状況を説明する文書を提出いただいた上で,出入国在留管理庁において,

技能実習2号を良好に修了したか否かを総合的に評価することも可能ですので,

まずは地方出入国在留管理局に相談してください。』


技能実習を終えて帰国した外国人が「特定技能1号」として申請をしようとした際に

評価調書を作成するに監理団体の協力が得られないなど

評価調書を揃えることが困難なことが多くありました。


今回の更新によって「技能実習」で技能を習得した外国人が

再び「特定技能」として入国できることを期待しています。


特定技能に関するお問い合わせにつきましてはお気軽にご連絡ください。

ページ先頭へ
(c)2019 visa kikashinsei support office. ALL RIGHTS RESERVED.
お問合せ
ページトップへ